ガラス越しの幻想

散策のお供はRICOHとPENTAX、いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

再出発

道尾秀介さんの『笑うハーレキン』
あ、そういえば予約してたんだなぁ~、忘れたころに順番が回ってきました。

ある事情から、ホームレスとなりつつも、家具修理の依頼を受けその日暮らしをしている主人公。
彼の眼には他人には見えない物、疫病神が見えてるんです。

ホームレス仲間、転がり込んできた娘と共に、騒動に巻き込まれていく姿を描いてるのは何だか、70年代80年代のドラマを見ているようで親近感を持ちつつ読んでました。

ほのかに紅、染まる

紫陽花の季節になってきました。
お出かけしてみましたが、まだ少し早いかな。
158a


158b


【PENTAX K-m: TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO 272E 】

会合前に立ち寄り

特派員会議前に途中の公園に立ち寄ってなんとなく撮影~。
157a


157b


気軽に持って出てるカメラなので、E-PL1の出番が多いです。

特に梅雨時は…K5などは防湿庫の中で箱入りカメラですから。

【OLYMPUS E-PL1 : M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f3.5-5.6 】

最新コメント