ガラス越しの幻想

散策のお供はRICOHとPENTAX、いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

黒潮ロードレース

ツール・ド・熊野と同開催で、一般・実業団チームがエントリーする黒潮ロードレースもありました。
(6/4の写真は黒潮ロードレース)

遠征撮影だったので車で行ったわけですが、いつも置いておく堤防はコースに含まれていて置けません。
困ってたら、知り合いの(たいジオ。)ペンションさんが「置いていいよ」ということで、撮影行となったわけです。
ペンションについたら参加チームの方が宿泊されてて、「よしジャージカラー覚えたぞ」っと。
でも走り出したら、似たようなカラーはあるわ、集団で一気に通過だわで探す暇もなく。

後から現像中にゼッケン頼りに見つけましたぁ~
K3II5812

K3II5924
下りを颯爽と駆け抜けていきます。
男性女性に部門分けとかないので、ある程度のタイムが出せてないと出れないとか(未確認ですが)
そんな中で快走、カッコいい女性ローディさんでした。

K3II6157
同じチームの方、S時の切り替えしをヒラリん!っと。

海外進出(笑)

001
台湾の旅行情報誌の片隅に小さく1枚掲載してもらいましたぁ~。
ま、きのくにトレイナートの紹介で関連写真だった私の一枚も載せてくれたっということなのですが。

まだ国内デビューもしてないのに、先に海外デビュ~…本人しかわからんけど(笑)。
早速googlebookでデジタル書籍版を買ったのでした!…中国語わからんけど(笑)。



 

激闘の裏で

国際格式のレースですが、せっかく太地にきてくれたのですから景色も楽しんでね。
K3II6459
爽やか青空の下、快走ロード。
上が切れちゃったのが残念、収まってたら私好みの一枚だったのに。

K3II6432
サインボードを用意するスタッフさん、ヘルメットがチェレステカラーなのが素敵。 (★300mm)

K3II6240
小さな漁港ですけど、昔ながらの家も沢山残っていて、魅力的な路地裏がいっぱいなのですよ。
 時々撮影にきます。
最新コメント