ガラス越しの幻想

散策のお供はPENTAX、ときどきFUJI。いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

木造駅舎で夕涼み

夕方近くに到着して、3時間程待合室や、ホームに座ってのんびり周辺の景色を眺めてました。
本も持って行ったけど、一度も開かず、ゆっくり時間を楽しんできましたよ。
K3II9256

K3II9277

K3II9319

お家はもうすぐ

そういえば構内線路横断の2面2線式ホームでした。
地元でホーム途中に横断位置がある駅がないので油断してました。

K3II9271


 家路を急ぐのかな、列車を降りた学生さんがトコトコっと来てサッと横断。
お顔写せないので、カメラを外してたら…慌てて構えたものの遅かったか!

小さな冒険

小学生?幼稚園?保育所?団体で乗車されたあと、交代で展望を楽しむ子供たち、
引率の方に、後姿撮影を尋ねて、撮らせていただきました。
K3II9244

それまでに外国の観光客グループが乗車されていて、座席は埋まっていたのですが、
ちっちゃな子供さんが団体で乗車されてくるのを見て、外国人グループを含めた車内の人たちは席を譲ってあげてました(もちろん私もね)。

一通り展望が済んで、降車の時には「ばいば~い」って手を振って…いや私がそうしたんですけど。
外人さんたちも「BYEBY~E」子供たちも「ばいば~い」
そしてハイタッチで降りて行くのでした…。暖かくってほのぼの車内で和んできましたよ。
最新コメント