ガラス越しの幻想

散策のお供はPENTAX、ときどきFUJI。いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

偶然か不思議な力か

有栖川有栖さんの『妃は船を沈める』

もし願いを三つかなえてくれるとしたら、その反動として災難もやってくるらしいのですが…どんな願いを唱えるのでしょうか?

ウィリアム・W・ジェイコブスさんの『猿の手』に言及もしているこの作品

中編2編からなるのですが、最初は前篇だけで完結していたのが、ふと思いついて後編を追加、いや、これでこそ完結だと書き上げたらしいのです。

有栖川さん&願い事となれば事件が勃発な…しかも密室?これはやはり願い事の効力なんですかね。

とすると、その反動が怖いのですが。

自然の撮影会

稲穂から目をそらせて、ふっと周りをみてみると

いろんなところに、被写体が…

普段何気なく通っているんですけど、こんなに表情が違うものなんですね 

237a

雨宿りなのかな?
 

237b

クモの巣も花を添えてくれますね。
 

237c

猫じゃらしは逆光が似合います。先日他の場所で狙ったんだけどだめだったんですよね
 

早起きの一人撮影会でした。

【PENTAX K-5ⅡS : TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO 272E 】

水滴模様

朝日を浴びた、雨上がりの水滴がいっぱい。

あたりは一面の水田、順光、逆光思いのまま。

こんな贅沢なシュチエーション!これはこれ!これ撮らないと!

目の前の自宅から三脚取ってくる時間ももったいなく、手持ちで駆け回って機動力撮影でした。



236a







236b



水滴写真に丸ボケを添えて…なんという贅沢




236c



葉っぱに映る影と光…


こんなにワクワクしながら撮ったのは初めてかも。

【PENTAX K-5ⅡS : TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO 272E 】


最新コメント