ガラス越しの幻想

いつかは幻想的な写真を撮ってみたい。 ~ since 2009.3 ~

復讐者

石持浅海さんの『届け物はまだ手の中に』

命の恩人ともいえる恩師を殺害した犯人は、罪を問われることもなく、のうのうと暮らしている

親友は「復讐なんか望んでいないよ…」っと。それなら一人でやってやるさ

 

復讐がストーリーではなく、その後!。無事仇討ちを果たしたと親友宅を訪れるのですが、

おかしい…妹も、奥さんも、秘書までも…何かおかしい、親友が出てくる気配がないのに、いつまでも引き止められる。



それって、もしかして…っと思わせといてのパターンだね~。っとは思いつつ

どうひっくり返すのかなぁ~と楽しみながら読んでいって、そうか、そう来たか!…でした

そして、どんでん返しの後の結びのところがいいんですよね、石持さん!

昭和なお店で夕ご飯

昭和の雰囲気が感じられるお店で夕ご飯してきました。

181a

ちなみに、BGMまで昭和でした。
 


181b

この店の十八番だそうで

ガーリックが効いてて、確かに美味しかった!

 


181c

カクテル…風ノンアルコールドリンク、でした
 


【OLYMPUS E-PL1 : M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f3.5-5.6 】

お城の廊下は…足が痛い

とあるお城の渡り廊下を渡ってきました~。

180a

この板の間隔が…足より狭い
よって…ちょうど土踏まずが…これはわざとなのかぁ?
 


180b

天守閣への道を歩いていると…忍者出現!

同行者が忍者のポーズをしたら…返してくれましたぁ~。ノリのいい忍者さん!

ちゃんと「Blog載せていいですか~」って了解もOK!!

 


こんな忍者さん、普段は何をしてるかというと…帰りにも会ったのですが、お城のお掃除などもされてました。

【OLYMPUS E-PL1 : M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f3.5-5.6 】

最新コメント