万城目学さんの『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』

ピカピカの1年生の「かのこちゃん」と、あるひ犬小屋に住み着いてしまった、猫の「マドレーヌ夫人」
ふたりの日常を不思議な目線で描いてる…いや二人だけのお話ではないんです。
いろんなものが凝縮された素敵なファンタジー




これ、絵本で見たいな…児童書コーナーにも置きたいな