加納朋子さんの『はるひののはる』

「ささら」シリーズの3巻目で、完結です

といっても、前巻への依存度は少なく、こちらだけ読んでも違和感なし

私も、かなり忘れてる部分がありましたが、普通に読んでいきましたよ。

で、ちょっと前巻読んでると、あれっ?っと思うことが…思い違いだったっけ?忘れてるのかなぁ~、いえいえそれが、この話のポイントですよ

加納さんがあとがき、で自身のトラブルの後だったのでと思われがちですが、構想はそれ以前からですっと言明。

復帰第一作ですが、だからこのストーリになったのではないのですよ、この優しさは以前から加納さんが持っているもの、そして装画もいつのながらほわ~っとさせてくれます。