森見登美彦さんの『四畳半神話体系』

 大学に入学、意気揚々とサークルを探し…悩んだのは、いかにも怪しい四つのサークル。

 そえぞれ、選んだ末の大学生活を四つの話にしています。

  

 大きな流れは変わらないものの、微妙にかわるエピソード

 あ、これは前にエピソードでは結構大事なポイントだったのに…とか、比較しながら。

 

 ま、でも四つもあると…。