有栖川有栖さんの『46番目の密室』

 いつもの司書さんと年末年始の借りだめ読みだめについて話してた時のこと

 有栖川さんの名前が挙がってきて、「そういえば短編を読むことが多い…」って話したら、「それなら、これなんかお勧めですよ」って勧めていただいたのがこの本

  

 火村とアリスが警察に呼ばれてというのではなく、たまたま現場に遭遇ということで、昔の作品らしい始まり。

 短編が多かったので長編は新鮮、じっくりと話を熟成させながら…。

 私は有栖川さんの作品は長編ほうが好きだなぁ~。