森見登美彦さんの『恋文の技術』

なんだか難しそうなタイトルですが、だまされちゃぁいけません、なんたって森見さんですから。

辺境の地にたどりついた院生が文通を通して成長していく…っそんなわけないですね、文通を通して繰り広げられる青春活劇。

森見さんといえば、その作品中の登場人物に何らかの繋がりがあるのですが、これは単独、残念ながら繋がりは見受けられません、おっぱい云々でペンギンハイウェイと結びつけたくなったのですが、おっぱいは著者の趣味なのかも…。

残念なのは、森見さんの話にでてくるマドンナはとても魅力的な人が多いのですが、今回のマドンナ伊吹夏子さんについては、ついに未知のベールに包まれたまま終わってしまってます。これは残念。