石持浅海さんの『二歩前を歩く』


科学では解明できない不思議な現象をミステリー風に描いた短編集

意外と血なまぐさいんだけど、そんなに不気味感がないのは石持さんならではかな。

ラストの話はそれまでとは違ってほのぼの展開で気持ちよく読み終えました

軽~く1日で読める手軽さです