『空色の小鳥』大崎梢

不慮の死を遂げた血のつながりのない兄の子どもの面倒を見る主人公

結構ドロドロとした人間関係があったり、腹黒い人間性が見えたりするのですけど、

ま、この作家さんですから、その辺は安心して、さてどう終わるのかなっとストーリ―に集中して。

やはり大崎さんらしい結び方だなぁっと、ほのぼの閉じたのでした。