「ミハスの落日」貫井徳郎

外国を舞台にした短編ミステリー集

人の内面にある暗い心理を使って、悲しい結末だったりするんですが、

異国の風景がうまく使われて、惹きこまれてしまいました。


本来ネガティブな感じのミステリーは好まないのですけど、これは面白かったな

奥さん(加納朋子)とは対照的なミステリーのようだけど、北村薫が推したというのも納得の作家さんかな

別な作品も読んでみたくなった。