ガラス越しの幻想

散策のお供はRICOHとPENTAX、いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

2013年08月

特派員、世界遺産の裾野から

ブン君な特派員、世界遺産な富士山の麓…眺めて…来ただけのようです。

Z10b


 


Lineで送ってくれたんだけど、カメラのせい?レタッチソフトのせい?

スマホカメラなのかな?適正露出でてないよねぇ~、やはりミラーレス必要でしょう~。

秋が来る前にトンボリベンジ

今シーズンは暑さにへばって、あまり撮りに行きませんでしたが、涼しくなる前に行っておかなければ…っと

247a


 

247b


 

247c

川に降りて撮ってたんですけど、あれれ…上の橋に留まってるんですね
 

【PENTAX K-r : PENTAX DA★300mmF4ED[IF]SDM + F-AF1.7】

無人駅に作業車両

とある無人駅に立ち寄った時に発見!工臨?モーターカー?

既にダイヤに従い動いてますので、今日はここでお留守番ですね。

246a


 

246b


 

ホーム先端に横付けなので、じっくり撮らせていただきましたぁ~

【PENTAX K-r : PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 ALⅡ 】

雄大

艦長さんな特派員、グリーンシーズンの北海道を満喫してようです

Z11a


 


Z11b


 


Z11c

やはり北海道は綺麗ですねぇ。羨ましいです。
 


【OLYMPUS E-510】

不思議なひと

加納朋子さんの『はるひののはる』

「ささら」シリーズの3巻目で、完結です

といっても、前巻への依存度は少なく、こちらだけ読んでも違和感なし

私も、かなり忘れてる部分がありましたが、普通に読んでいきましたよ。

で、ちょっと前巻読んでると、あれっ?っと思うことが…思い違いだったっけ?忘れてるのかなぁ~、いえいえそれが、この話のポイントですよ

加納さんがあとがき、で自身のトラブルの後だったのでと思われがちですが、構想はそれ以前からですっと言明。

復帰第一作ですが、だからこのストーリになったのではないのですよ、この優しさは以前から加納さんが持っているもの、そして装画もいつのながらほわ~っとさせてくれます。
最新コメント