ガラス越しの幻想

散策のお供はPENTAX、ときどきFUJI。いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

2014年12月

トーク&スライドショー

石田ゆうすけさんのトーク&スライドショーに行ってきました。

14383a



世界一周の写真を見ながらのトークショー、アメリカ編は以前に聞いたことがあるのですが、本を読んでから写真を見るとより深く見えて楽しいのでした





14383b



後発の本は買ってるのですけど、世界一周3巻は図書館読みだったので、この機会に文庫版を。

サイン入れにフルネームを書いてくださろうとしてくれたのですが、後ろに列を作って待ってる状態だったので苗字だけでいいです…と

三冊目には再びフルネームで書きますよと言ってくれたので、三冊目フルネームを入れてもらいました。

気遣いありがとうございます.良い年末になりました。





【 RICOH GR 】

美術館にレストラン

美術館にあるレストラン、美術館は閉館してても、レストランは営業中~

でも、この日は貸し切り、外を撮影だけに留まりました。(内心ホッと…)

14382a







14382b







【 RICOH GR 】

団欒家族な謎

福田栄一さんの『春の駒 鷺澤家四季』


アットホームな家族の周りで起きる日常ミステリーな短編集

ほのぼのな鷺澤家がほんわかと描かれていて、軽く軽~く読んでいけます。

安楽椅子物なんですが、探偵役は主人公である次男の学校で将棋部の顧問という設定

探偵さんの位置とか、ちょっと変わった家族の設定とか、何故その設定?と…。


じっくり考えると???…なんですが、ミステリーというより、家族の団欒にミステリーっぽいエッセンスを添えて、サクッと読んでいけばほのぼの感でサクサクっと完了

 

そろそろ長編でじっくりなミステリーが読みたくなってきたな

新機材な知合い

知り合いが新しくカメラを購入~、ということで、見せてもらいました。

ちょびっと羨ましい

14381a



写友さんな特派員、NEXからD750へグレードアップ。





14381b



カムリな特派員さんも、スマホから一気にD750~。

お花撮影がお好きなご様子、これは綺麗撮れますよ~





ということで、フルサイズにUpなお二人、いいですねぇ~。

【 RICOH GR 】

超常な短編集

石持浅海さんの『二歩前を歩く』


科学では解明できない不思議な現象をミステリー風に描いた短編集

意外と血なまぐさいんだけど、そんなに不気味感がないのは石持さんならではかな。

ラストの話はそれまでとは違ってほのぼの展開で気持ちよく読み終えました

軽~く1日で読める手軽さです

最新コメント