ガラス越しの幻想

散策のお供はRICOHとPENTAX、いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

PENTAX K3II

駅にて

K3II4824

K3II4803
こちらは300mmでした。

正座

K3II4790

鍛冶屋さん

近くを通る度に気になってた鍛冶屋さん、ちょうど作業をしてるところに出くわしまして、
ダメかなぁと思いながら声かけてみたら、とっても気さくなおじさんでした。
炉もあるのですけど、今はもっぱら砥ぐのが多いらしいです。
K3II4715

K3II4667

K3II4679

街道にも時の流れ

K3II4639

昔は賑やかだっただろう街道に面した建物。
右は空き家になってるようだし、左のお店はもう営業していない…静寂だけが通り過ぎてました。

路地裏の裏

K3II4643
ここまで新聞を入れに行くのかぁ~。

K3II4636

この消火栓はあまり役に立たないと思います(笑) 
最新コメント