ガラス越しの幻想

散策のお供はPENTAX、ときどきFUJI。いつかは幻想的な写真を撮ってみたいものです。 ~ since 2009.3 ~

PENTAX D FA Macro100mm F2.8 WR

歌と映像

とある学校の発表会に招かれて演奏。
私は撮影係で同行させていただいてたのですけど、歌とスライドショーで、何枚か使っていただいてました。
他のカメラマンさんの綺麗な写真の数々の中に入れて頂いて光栄です。

3313

 3312

3311
(トリミング)

高原の秋

K3II3010

K3II3022

K3II3013

大ホール 2

K3II1743

K3II1786
300mmF4 暗い舞台でサンヨンはちょっと厳しい…K3iiではisoもあまり上げられませんし。

K3II1840
17-70mm F4

 

デスクトップに彼岸花

地元スーパーローカル新聞に掲載されてた彼岸花群生。
「あれ近くですよね…デスクトップにしたいので撮ってきてください。」
との依頼で…撮ってきましたよ~。

ただ、掲載時ですでに色褪せが始まっていて…ということは掲載した日はもっと褪せてて、それから気温が低くなって…あ~やっぱり終わってるエリアもあちらこちらに~
そんなわけで、群生感はあきらめて

K3II1220
あ、あそこの白が気になるわ

K3II1225

K3II1216
デスクトップにというご要望なので、赤色を抑えてみました。

K3II1217
シャキッと赤色 

オフカメラ

夏の終わりに撮影した、オフカメラライティング。
風が強くてせっかく買ったソフトボックスが使えませんでしたが、ストロボの前にディフューザーを付けて。
K3II0380

K3II0385
後幕発光が出来なかったり、1/180sec以下でないと発光しなかったり…
PENTAXでオフカメラライティングはストレス貯まるなぁ(技術不足というのがもちろんですが)
でもFUJIでも制限はありそうなので…
快適に使うならやはりニコンなんでしょうね、ま、それはない選択肢だけど。
 
最新コメント